ワイスターオーディションの内容

東京の芸能事務所ワイスター(Ystar)。今、若者を中心に人気のある芸能プロダクションです。

 

=>>>ワイスター公式サイトはこちら

 

ワイスターのオーディションは以下の流れで進められます。

  • 1次審査として書類審査
  • 2次審査(自己PR・実技)

  • ワイスターの事務所での面接審査(最終審査)

書類審査について(1次審査)

ワイスターオーディションの1次審査は、公式サイトから応募した際の情報を元にした、書類審査です。

ワイスター公式サイトを見るとわかる通り、氏名や年齢、性別などの基本的な情報を元に審査がなされます。

2次審査について

2次審査では東京の世田谷区にあるワイスターの事務所で、自己PRと簡単な実技審査が行われます。

実技に関して、役者志望の場合は、指定されたテーマ・シチュエーションで1分程度の簡単な演技を披露したり、歌手志望の方はアカペラで1コーラス披露したりといったような形です。

自分の魅力を最大限に伝えられるように、自己PRはある程度考えていくと良いでしょう。

最終審査について

2次審査に通過した場合、東京都世田谷区のワイスター事務所で、最終審査が行われます。

審査員との面談で、将来的にどうなりたいかなど、芸能界での活動についての意思確認を含みます。

まとめ

今回ご紹介したワイスターオーディションは、一般的な芸能事務所オーディションとそれほど違いはありません。

ですから、あまり緊張せずに自分本来の魅力を伝えられるように、自然に振る舞えば、きっと良い結果が出るでしょう。

ワイスターオーディションは無料で参加できますので、気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。それでは、記事をご覧いただきありがとうございました^-^

 

=>>>ワイスター公式サイトはこちら